【読書】「お金が自然と貯まる超シンプル・ルール」横山光昭著を読んで

本を読みました。「お金が自然と貯まる超シンプル・ルール」横山光昭著という本です。

読書感想はネタバレを含みます

私は貯蓄が苦手で、モノが多い生活を送っています。

整理整頓が苦手でお金も貯まらず、これではいけないと思いながら生活しています。

そこで、何かのヒントになればと思い、この本を読んだのですが、耳が痛いところばかりでした。

目次

そのモノがあなたにとって本当に「必要」なのか「欲しい」だけなのか切り離して考えよう

まずは、モノが「欲しい」気持ちと「必要」であるということを切り離すことだそうです。

これももっともで、私は衝動買いが多く、家にはモノがあふれています。

後から改めて考えると、あんまり必要なかったなというものもありますし、モノを把握できていません。

自分が一体何を持っているのか、本書によるとスマホで写真を撮って管理すると良いそうです。

洋服なども私は管理が苦手で、つい似たようなものを買ったり、着ないのに取っておいたりが多いです。

まずは、モノを把握し、管理することが必要と思いました。

お金が貯まらない人は、生活が乱れている

お金が貯まらない人は、生活自体が乱れている傾向があるそうです。

本当にこれは当たっていると思います。私は結構夜更かしをしたり、変な時間に寝たり、食事の時間じゃないのに何かを食べたり、運動もせずにぶくぶく太っています。

生活自体の乱れが、お金の乱れにつながっているんだなと思います。

お金のたまらない人は、太っている傾向もあると書かれていますが、本当にそうです。

つまり、自己管理ができない人は、お金も貯められないということです。

まとめ

結論から言うと、生活が乱れていると、お金の管理も乱れて、お金が貯まりません。

私はずぼらな性格で、生活が乱れていますので、まずは、生活を見直すこと。

そして、家にあふれた多すぎるモノたちを整頓し、把握すること。

本当に「必要」なのか「欲しい」だけなのかを考えながら生活していこうと思いました。

この本は改めてこういった至極当たり前かつ、なかなかできない事を指摘してくれた、ハッと気づかせてくれた本でした。

お金が貯まらない、自他ともにずぼらな人^^;は読んでみる価値のある本だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる