Merry X'mas!

【読書感想】「やせる経済学-世界でいちばん経済合理的に体重を減らす方法 -」ロバート・バーネット(著/文)クリストファー・ペイン(著/文) を読んで

こばんは、ひろです。本を読んでたら、遅くなってしまいました。

やせる経済学-世界でいちばん経済合理的に体重を減らす方法 -ロバート・バーネット(著/文)クリストファー・ペイン(著/文) を読みました!

私は最近太り気味なので、そろそろ痩せないとまずいと思って、この本を手に取りました。

読書感想ではネタバレにご注意ください。

目次

「やせる経済学-世界でいちばん経済合理的に体重を減らす方法 -」を読んだ上で考えた自分なりのポイント

  • 毎日体重計で体重を量りましょう
  • しっかりとした食事は1日1回でいい
  • カロリーを意識しましょう
  • 流行しているダイエット方法や、ダイエット食品は避けましょう
  • 食事の変化を制限しましょう
  • プチごちそう・プチ断食の習慣を取り入れましょう

といったポイントについて各章で経済学の理論をあてはめながら説明されています。

経済学の理論を参考にはしていますが、本書で述べられているダイエット方法は、以前から私がお世話になっている栄養学の先生から言われている内容とほぼ一致していました。

栄養学の観点からも痩せるダイエット方法なんだと思います。

「やせる経済学-世界でいちばん経済合理的に体重を減らす方法 -」の感想:経済学はダイエットに当てはまる?

感想です。経済学を参照していますが、提唱されているダイエット方法はとても正統派というか、栄養の先生に言われたこととほぼ同じでした。

ただ、正しい(私がそう思っている)ダイエット方法と経済学の理論が一致しているのはとても興味深かったです。

経済学って難しくもありますが、結局は「人」が基本なんですよね、私は学生時代大嫌いな科目でしたが、経済学って勉強すると、関係ないようでいて色々なところにつながっているようです。

経済学ってあなどれない、日々の生活に役立つことが多いのかもしれないなあと思いました。

ブログ村よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次